ホーム>ニュース&トピックス>県内100名 医療的ケアのできる人材育成がスタートしました。
ニュース&トピックス

県内100名 医療的ケアのできる人材育成がスタートしました。

久々のブログの更新となりました。

今年度度拠点事業では、県内に100名の医療的ケアのできる人材の育成をめざし、喀痰吸引等第3号研修を開始しています。

本事業は、千葉市を皮切りに先週スタートしました。

各事業は必ず、参加されている方々へアンケートを実施しています。

初回研修受講生は15名でしたが、「子ども達にも医療的ケアへの支援は必要と思うから受講した」等、受講生からの熱いご意見を多数いただきました。

12月までに県内5か所で、事業は実施する予定です。

きっと県内の読者の皆様は、「こっちも不足しているのに」って、思われるかもしれません。

今年度は、県内でも研修機関も近くにない、また資源・人材の不足が著しいと考えられる地域で、実施しております。

県内どこに住んでいても多職種から、医療的ケアに対する支援が受けられる環境を整えるお手伝いが少しでもできればと、思っています。

またこの事業は、各研修地域の自治体や保健福祉センター、中核支援センターが事業趣旨に賛同くださり、共同で開催している事業でもあります。

関係者の皆さんも「地域に必要!」と言ってくださり、とても積極的に協力くださっています。

そんなさまざまな機関・関係者の熱意が、この事業を作っていることをお知らせしたく、ブログにしました。

事業先任者として、さまざまな地域にお邪魔していますが、県内どこにでもその地域のつながりがあり、人がそれを支えていることを実感し、

自身の事業推進の力にしています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kirinkai.or.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/17

ページ上部へ