ホーム>ニュース&トピックス>多職種事例検討会もスタートしました
ニュース&トピックス

多職種事例検討会もスタートしました

本日第二弾の報告です。

9月20日から、拠点事業「県内7か所で開催される多職種事例検討会」が開始となりました。

初回は、鎌ヶ谷市にあります鎌ヶ谷総合病院さんにご協力いただき、会場をお借りしての事例検討会となりました。

少人数ではありましたが、普段なかなか顔を合わせない職種や機関同士、名刺交換をしたり、それぞれの立場での

小児在宅医療連携上感じる課題や、解決策や取り組んでいることを意見交換できたり、架空事例を検討する事例検討会を

行うことができました。

 正直、会場を押さえるのも大変困難な地域で、途方に暮れたこともありました。

困難を打開する糸口をくださったのは、保健福祉センターの保健師さんでした。

保健師さんのご紹介で、鎌ヶ谷総合病院さんとつながり、スカイタワーの見える6階会議室をご厚意でお借りし、

事業を行うことができました。

鎌ヶ谷総合病院さんに本事業の趣旨をご説明したところ、「地域貢献できるのであればどうぞお使いください」と即答で回答を

いただいた時は本当にうれしかったです。

 事業を進めるのも、やはり連携の力ですね。

鎌ヶ谷総合病院さん、ご協力ありがとうございました。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kirinkai.or.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/18

ページ上部へ