ホーム>ニュース&トピックス>2014年10月

2014年10月

10月23日三重県庁訪問

10月23日 雨の中三重県庁へ拠点事業の意見交換のため行ってまいりました。

三重県県庁内の各部署の方、三重大学の拠点事業の担当の方々とお目にかかり、主に相談支援専門員について意見交換ができました。

帰りに津市にある朝日屋さんのコロッケをどうしても食べてみたくて、お店に行きました。

コロッケのコーナーは、行列ができており、ご当地でも人気の高さが伺えました。

私はテレビで朝日屋さんを知って行ったのですが、やっぱり美味しかったです。

11月には拠点事業の中間報告会も予定されています。

三重県庁の方の暖かさと子ども達や地域に対する思いも感じることができ、美味しいコロッケを堪能し、

三重県さんからエネルギーをいただいた貴重な時間となりました。

麒麟会に仲間が増えます

これから半年間で、麒麟会に入職する職員が2名となりました。平均年齢29歳の若い力です。

2名とも訪問看護に興味を持ち、「患者様のそばで必要な支援ができる訪問看護師になりたい」と、明確な目標を持たれた看護師さんです。

麒麟会への入職の決め手を2名の看護師に確認したところ、麒麟会の組織運営と研修システム、入職前のトライアルで見学した看護に感激し、

ここで看護を実践したいと思ってくださったそうです。

とてもうれしいことです。

私たちは、協働的パートナーシップを大切にそれぞれの患者様に向きあい、必要な支援を模索しながら看護を実践しています。

時に迷い、職員全員で知恵を絞り、看護を織り上げてきました。

その思いを共有した仲間が増えることは、組織として何よりの喜びです。

指導看護師も入職者の育成を楽しみにしています。

麒麟会はまだまだ、看護師・理学療法士を募集しています。

先の社会保障審議会では、訪問リハビリテーションの成果についての意見がありました。

麒麟会の理学療法士は、平均年齢31歳と若いセラピスト達ですが皆、利用者様がリハビリテーションの成果を実感してくださるよう、日々の実践・研修から学び、

質の高い支援の実践を目指しています。

若い力に励まされる日々です。

新たな職員と、どんな経験を皆で共有できるのか楽しみにしています。

10月4日鴨川市民会館 多職種事例検討会

台風が、週末関東に近づく天気予報の中、昨日は鴨川市民会館で多職種事例検討会を開催しましたtyphoon

市民会館はすぐ前が海、太平洋で、波がかなり高い状況でしたが、無事検討会を開催することができました。

地元の薬剤師、相談支援専門員、訪問看護師、小児病棟看護師、ソーシャルワーカー、中核生活支援センターコーディネータ

の方々がご参加くださり、率直な意見交換ができました。

本事業は県内7か所で実施予定であり、昨日が3か所目の開催でした。

研修プログラムは、すべての地域で同じ内容なのですが、議論される内容は、各地域で全く異なり、まるでジャズのセッションのようです。

主催者、ファシリテーターの講師の方々は、各地域で全く異なる考えに触れ、「ああそういう見方もあるな」と多くの示唆をいただいています。

来週は、東葛地域での開催です。

どんな考えに触れることができるかを楽しみに、準備にいそしみます。

県内相談員と医療機関のMSWをつなぐ「つながろう会」

本日第二弾の報告です。

10月31日(金)のつながろう会の募集を締め切りました。

県内多数の相談支援専門員の方々及び医療機関のMSWの方々から、受講申し込みをいただきました。

受講申し込み用紙には、参加の動機を記載していただく欄があるのですが、相談支援専門員の方々は

「医療と連携する機会が増えているため、顔の見える関係性を作りたい」と書かれている方が圧倒的に多く、

こちらの想定以上に、医療と福祉の連携の場が広がっていることを痛感しました。

 名刺交換会やその他企画を用意しております。

当日、皆様にお目に書かれることを楽しみにしていますheart04

第三号研修進捗状況

拠点事業では、県内100名を対象にした喀痰吸引研修を現在実施しているところです。

喀痰吸引研修は、現在県に登録されている研修登録機関で受講することが義務付けられています。

麒麟会は第三号研修登録機関です。

9月は千葉市で開催し、今は山武地区で開催しています。

受講されている方はみなさん熱心で、「この地域で医療的ケアのできる人材が必要」と考え、受講されています。

その気概に励まされながら、研修を続ける日々です。

千葉県どこに住んでいても、医療的ケアに対する介護職の支援が受けられるよう人材を育成し、お子様とご家族に

安心なサービスの提供につながればと思っています。happy01

さあ!1月まで頑張って県内を回ります!

ページ上部へ