ホーム>ニュース&トピックス>2014年11月

2014年11月

入職者の個別性に応じた人材育成の実践

こんにちわ 人材育成担当の谷口です。

麒麟会には「訪問看護は未経験ですが、訪問看護をこれから実践していきたいんです。その為にきちんと学習し、力をつけたいんです」と

入職を希望される看護師さんの応募が増えています。

未経験であっても経験があっても、在宅で患者様やご家族と向き合いながら一緒に時間をかけて作り上げる訪問看護に魅力を感じ、

質の高い訪問看護を実践できるようになりたいと願う人であれば、麒麟会は応援します。

11月から訪問看護未経験の卒後5年未満の看護師が、麒麟会に入職しました。

仮にA子さんとして、彼女の日常から麒麟会での育成支援を皆さんにご案内できればと思っています。

麒麟会での育成でのキーワードは、「入職者自らが学ぶことを支援する」です。

とかく「誰かから何かを教えてもらえるそれが学習」と考えている受身の学習者もいますが、麒麟会が望むのは未経験であっても

自分の経験を大切にしながら、自分で主体的に学習する姿勢です。

入職時には主体的でなくても、研修期間でみなさん主体的に学習する方法を習得されています。

さて、前置きが長くなりましたがA子さんは入職し、2週間が経過しました。

A子さん麒麟会での訪問看護はいかがですか?

この2週間は、指導者さんとの同行訪問を通じて学習しました。

うーん。感じたことは訪問看護では、情報収集とアセスメントが重要なんだなと感じました。

病院だと交代勤務制なので、自分が見逃しても次の勤務帯でフォローしてもらえるという思いがあります。

でも、在宅は1人で訪問しケアマネジメントをして、次回の訪問まで患者様やご家族が安心で安全に生活できるように支援しなければなりません。

その為にはアセスメントをはじめとした、予測する力が必要だと感じました。これが私の課題だなって。

でも、思ったとおり訪問看護はじっくりと患者様やご家族様と向き合い看護が丁寧にできること、自宅にお伺いするので生活背景がよく見え、

個別性を重視した看護が提供できる場であることを実感し、やっぱりやりがいのある領域だなって感じました。

それに麒麟会には、子どもの訪問もあり子ども達の笑顔に癒されています。やっぱり、訪問看護師を目指して良かったと思うし、

患者様やご家族様に寄り添える看護師になりたいと、強く思うようになりました。

指導者のコメント

入職まもなく慣れない場所での研修で大変だと思いますが、A子さんはよく頑張っているなと思います。

A子さんは病棟経験があるので、初回から2週間は、病棟と訪問護師の役割の違いを理解してもらえるように指導しました。

また訪問宅での看護過程の展開方法についても説明し、これからは少しづつ経験をしてもらい、より理解してもらえたらと思っています。

ひとつずつの経験を大切にできるよう、訪問後に振り返りの時間を作り学びを支援しています。

ここからが本番です。一緒に頑張りましょう!

 

理学療法士さん急募!

麒麟会では業務の拡大に伴い、理学療法士を募集することとなりました。

現在3名の理学療法士がおりますが、地域からのご要望も多くこの度理学療法士を増員します。

当法人のリハビリテーションは、0歳から107歳の老若男女にサービスの提供を行っています。

休日は希望を伺い相談ですが原則4週8給で曜日は相談・給与はキャリア、組織の中で担っていただく役割により異なるため要相談です。

健康保険をはじめとした社会保障については当然法人で完備しております。

訪問リハビリや小児の訪問リハビリに興味のある方は、麒麟会若葉クリニックまでご連絡ください。

 

子どもに対する医療的ケアができる人材育成事業 進捗状況

県内で医療的ケアのある子どもに対する支援を行うことができる人材の育成を目指し、特定の者への喀痰吸引等研修を県内でも人材が不足している地域で

現在開催しています。事業の進捗状況は下記の通りとなっています。

 

 

 

2014118114024.gif

10月31日 つながろう会終了

10月31日千葉県教育会館で、医療機関のMSWと県内の相談支援専門員のつながろう会を開催しました。

今年初めての試みで、暗中模索の中プログラムを作成し、実施いたしました。

つながろう会は「つながる」ということに焦点を置き、企画しました。

(事例検討会は12月の研修で実施予定のため、本プログラムはあくまで「つながる」ことを大切にしたいと考えました。)

MSWと相談支援専門員の水平な関係性の構築を目指し、

午前中は各機関や事業所の自己紹介や名刺交換を行い、午後は双方の心理的距離感を縮め、アイスブレイクゲームを通じ、

目標を共有し達成のための役割分担と遂行の方法をゲーム感覚で習得していただける内容にしました。

企画の段階で内容を欲張りすぎて、タイムスケジュールがうまくうまくいかない場面もありましたが、

概ね好評な研修となりました。

会の開始当初は、みなさんいつもと違う雰囲気に戸惑われているようでしたが、さすが徐々に場の雰囲気になじまれ、

終了時にはMSW・相談支援専門員隔たりなく、みなさん笑顔で「ありがとう」と互いにご挨拶され、帰路につかれました。

参加者の皆様、ご協力ありがとうございました。

2014118105538.JPG    2014118105635.JPG

休憩時間の様子                                   名刺交換会の様子

2014118105858.JPG  最後はよい点プレゼント交換会で締めくくりました。

ページ上部へ