ホーム>ニュース&トピックス>2016年6月

2016年6月

千葉県 平成28年度小児等在宅医療連携拠点事業

今年度も千葉県より、小児等在宅医療連携拠点事業を委託されることになりました。

今年度は、喀痰吸引研修を県内3地域、予定受講生総数60名で実施すべく、現在当該地域の市町村や相談支援専門員、

自立支援協議会の方々と調整中です。

 

また今年度は、NICUから退院後5回まで訪問看護が可能となったこともあり、千葉県単独事業として、千葉県の特色を生かした

多職種の連携をNICU入院中から図り、退院支援を実施し、退院後の訪問看護につなげられる人材を千葉県看護協会をはじめとした

協力医療機関や大学看護学部と共同で、育成する事業を計画しております。

今年度は節目の年となります。

協力者の皆様と上記事業を通じて、地域づくりを推進してまいります。

 

小児リハビリテーション研修 

梅雨らしい不安定なお天気が続いています。

今日は、7月31日に予定している研修会のご案内です。

麒麟会では、基礎から学ぼう小児訪問リハビリと題して、研修会を開催します。

会場が取れず、和室となってしまい、当日受講生の皆さんの足が痺れないことを切に祈りながら、

準備を進めております。

現在、他県から受講の申し込みをいただいております。

興味のある方は、麒麟会までお問い合わせください。

下記をクリックすると、詳細な研修案内がダウンロードできます。

20166115515.doc

ページ上部へ