ホーム>法人・人材募集>入職後の支援について>A子さん入職日記

A子さん入職日記

A子さんの入職日記パートⅢ

早いものでA子さんも入職し、もうすぐ3ヶ月となります。

A子さん訪問看護はいかがですか?

初めは何も分からず本当に戸惑うことが多々ありました。アセスメントも全然出来ていない自分が情けなく

感じたこともありました。でもようやく最近は少しづつアセスメントもできるようになってきたなって自分でも少し思えるようになりました。

実践力が高まってきたと自己評価ができるということは、とてもいい事ですね。

どのように実践力を高めたのですか?

最近では一人で訪問することも増えてきたのですが、必ず携帯電話を持ち、訪問先から患者様の状態を指導者に伝え自分の観察、

アセスメントが妥当かを指導者に補足・評価してもらうことを繰り返し、自分の観察のくせやアセスメントの癖を認識することができました。

また、ケースカンファレンスで自分が気になる患者様の関連図を書き、それに対するスーパバイズを受ける機会も定期的にあり、

それがとても良かったと思っています。

3ヶ月指導看護師の看護を見学、経験し、麒麟会の訪問看護はどのような看護であると感じましたか?

本当に0歳から100歳以上の状態が異なる患者様へ対応されているなと同行訪問を通じて感じました。

また、個人宅だけでなくグループホームや有料ホームでも看護を展開していることに驚きました。

ご本人・ご家族を看護師さんたちがとても大切にしているなという感じを持っています。

また、そのご家庭に応じた看護を実践されており、患者様とご家族の状況に即した個別的な看護が展開されていると

感じました。

最近、緊急対応を経験されましたね。全く初めての経験だったと思いますがいかがでしたか?

その経験は、その後の看護実践に活かされていますか?

呼吸器を装着しているお子様の発熱の対応でした。

マネジャーから発熱しているお子様のお宅へ緊急訪問して欲しいと言われたときは「えっ!ひとりで行くの?」と

思いました。でも、そんなことばかり言ってたら何もできるようにならない。まずは経験しなければと考え直し訪問しました。

ご自宅の中へ入る前に、マネジャーと電話で観察の要点や状態把握の方法のすり合わせを行い訪問しました。

お子様の状態の観察、マネジャーへの連絡、対処方法を一緒に検討し母に対策の必要性と具体策について説明し、

退室しました。正直ドキドキしたけれど、帰りの道で「落ち着いて観察すれば、私も対応できるんだ」と思い嬉しかったです。

この経験は入職3ヶ月になろうとする私にとって大きな励ましと勇気をくれた経験となりました。

またマネジャーとのやり取りで学んだことは、その後の実践に活かしています。

麒麟会の理念を実践できるよう頑張ります!

 

学習支援者から

入職後より指導者は徹底的にA子さんに、全身の観察方法を指導しました。

適切な観察は適切なアセスメントにつながります。マネージャでもある学習支援者がA子さんに緊急訪問を依頼した背景には

A子さんは全身の観察は指導により適切にできるようになっているという信頼感があり(これは指導看護師の指導の賜物です)、

緊急訪問の対応は実践力を高める良い機会となると判断し、学習支援者が遠隔で支援を行いながら緊急対応を実践してもらい

ました。期待通りA子さんは、対応することができました。

よく頑張りました!

いよいよ独り立ちです。様々な出会い・経験がA子さんを待っています。

一つ一つの経験を糧に、一緒に頑張りましょう!

(この場合も、当然ながら患者様とご家族には不利益が生じないよう、倫理的配慮を実践した上で訪問しております)

 

 

A子さんの入職日記パートⅡ

A子さんは入職して2ヶ月が経過しました。

A子さんいかがですか?

少しずつ患者様を担当し始めました。指導者の後ろについて訪問していた時とは全くプレッシャ-が違います。

責任も重く感じてはいますが、患者様とゆっくり向き合い、ケアを提供できる看護師として贅沢な時間だなとやりがいを感じています。

麒麟会は状態を安定している患者様を指導看護師とチームで訪問看護を行います。訪問時は、必ず指導看護師につながる携帯電話を

携帯し、判断・対応に困った時にはその場ですぐに連絡を取ることができます。

通常であれば、ご家族や施設の方に遠慮してなかなか連絡できないと思うのですが、麒麟会は管理者がご家族や施設の職員の方々と

信頼関係を構築し、私のような慣れない者でも抵抗なく受け入れてくれ、その場で電話で指導者とやり取りをしても「自分たちも内容を確認できるし

安心だ」と話して下さいます。ですから私も安心して、一人で訪問ができるんです。

今週から管理者とのケースカンファレンスが始まり、まずは自分で事例を選択し自己学習しながら管理者の学習支援を受けて、訪問看護の

看護展開について学習していく予定です。大変だけれど楽しみにしています。

 病棟では本当に慌ただしく、患者様と向き合い看護がしたいと思っていましたが、今はそれが実現し本当にやりがいを感じています。

指導者さんいかがですか?

2ヶ月が経過し、指導者の実践の観察学習から少しずつ自分でケアを実践したり、状態が安定した患者様をチームで訪問するようになりました。

A子さんはわからないことは必ず質問し、自分のものにしてくれています。わからないまま訪問看護を行うことが最も危険に通じるように日頃感じて

いるので、慎重かつ堅実なA子さんに安心しています。

いよいよ小児への訪問看護の学習も開始となります。

頑張りましょう!

管理者から

麒麟会は看護の対象を0歳から100歳以上としています。

入職の条件は、看護の対象を0歳からとしどの年代の患者様にも訪問看護を提供するということです。

対象は精神科疾患領域を除いた領域としています(認知症に対する訪問は行っています)。

所属看護師には、年齢や疾患を選ぶことなくオールマイティに対応できるように実践力を高める支援を行っています。

A子さんも小児は未経験ですが、これから学習を重ね小児への訪問看護の実践力を獲得されると期待しています。

 

 

ページ上部へ