ホーム>訪問看護ステーション>グループホームへの看護

グループホームへの看護

グループホーム看護

入居者様が安心して療養できる場所

「きりん会若葉訪問看護ステーション」では、グループホームの入居者様と入居者様を支えるケアスタッフの支えとなるよう、入居者様の全身状態の管理や、ケアスタッフの対応支援を行っております。互いに協力ができるような関係を築きあげることで、入居者様が安心して療養できる場所を提供することを目指しております。

契約について

グループホームへの看護は、「麒麟会」と「グループホーム運営機関」との間で契約を交わしますので、詳細につきましては一度お問い合わせください。

グループホームの看護で主に行うこと

  • 週に一度、状態を医療面から観察
  • 体調管理における相談支援
  • 薬局との連携
  • ケアスタッフの対応支援
  • 状態に応じて病状説明及びケースカンファレンスの開催(クリニックにて)
  • 転倒スコアを活用した転倒防止の取り組み
  • 褥瘡予防を目的とした皮膚管理
  • 施設管理者への相談対応

※入居者様の状態が不安定かつ、主治医が訪問看護が必要だと判断した場合は、医療保険にて訪問看護を実施いたします

 

◆喀痰吸引や経管栄養医療的ケアに対する人材育成

施設内で医療的ケアの提供に対するコンサルテーションも行っております。

 

◆看護師との連携

 夜間、緊急時にステーションに施設から連絡を頂いた場合に、状態に応じた的確な支援ができるようツールを作成し、連携しています。

ページ上部へ